バルクアップアーマープロ 洗濯

MENU

バルクアップアーマープロの洗濯方法を知っておこう!

バルクアップアーマープロの洗濯方法とは!

バルクアップアーマープロのような加圧シャツには、特別な洗濯方法があるのでしょうか?バルクアップアーマープロをきちんとした洗濯方法で洗濯すると、長持ちするのでしょうか?少しでもバルクアップアーマープロを長持ちさせるための洗濯方法についてご紹介しましょう。

 

バルクアップアーマープロの洗濯

バルクアップアーマープロのような加圧シャツには、洗濯をするときに注意しないといけないポイントがあります。どんなに機能性が高くても、使い方を誤ると、その効果は劣化してしまいます。

 

バルクアップアーマープロは、特殊素材を使用しています。一般的な衣類とは違う生地なので、普通に洗濯をしてしまうと、素材そのものの効果や効能が劣化しやすくなります。

 

バルクアップアーマープロは、スパンデックス線維が配合されていて、ゴム以上の伸縮性と耐久性を持っています。

 

少しでも効果が長持ちする方法についてご紹介しましょう。

 

まず、洗濯ネットを使用して洗いましょう。バルクアップアーマープロは、毎日着用すると、最大限の効果が発揮されるように設計されているものです。毎日の洗濯というのはとても大切です。

 

一般的な衣類と一緒に洗濯をする際には、必ず専用のネットに入れて洗濯しましょう。そうすることで、素材自体の効果が劣化するのを防いでくれます。洗濯によって、生地が伸び縮みします。そのため、専用のネットに入れて洗濯するようにしましょう。

 

次に、手もみ洗いをおすすめします。バルクアップアーマープロを洗濯する際に、一番良い方法というと、40℃以下のぬるま湯で手もみ洗いをするようにしましょう。

 

洗濯機は、洗濯や乾燥などのボタンを押すだけで手軽にできて便利ですが、洗濯機よりも、優しく手でもみ洗いをしてあげましょう。

 

バルクアップアーマープロに使われている素材や配合成分の効果を失うことなく、長期間使用することができるようになります。

 

最後に乾燥機を使うのはやめましょう。手もみ洗いは面倒だし、時間がないという方は、専用のネットに入れて、一般の衣類と一緒に洗濯をしてもいいのですが、その時に、注意して欲しいのは、乾燥機を使わないということです。

 

バルクアップアーマープロは、特殊な素材や成分で作られているので、塩素系の漂白剤を使ったり、乾燥機を使うと、素材を劣化してしまいます。このような洗剤を使用したり、乾燥機を使用するのはやめましょう。脱水をしてから、一般の衣類と一緒に干して下さい。

バルクアップアーマープロを長持ちさせるポイントは?

バルクアップアーマープロを長持ちさせるには、まず、無理やり引っ張らないようにしましょう。バルクアップアーマープロは、とても耐久性に優れた素材でできています。無理に生地を引っ張ると生地が傷みますので、着脱時には注意しましょう。

 

また、爪をひっかけないように注意しましょう。爪やアクセサリーを引っ掛けると、生地を傷めてしまいます。着脱する時には、アクセサリーを外して爪を切りましょう。

 

最後に、バルクアップアーマープロを干す時には日陰で干しましょう。伸縮性を維持しやすいので、日陰がおすすめです。

 

>>バルクアップアーマープロの最安値はこちら